エンディングノートとは?

エンディングノートとは・・・

『エンディングノート』は、今、あなたが、“生きてきた証”になり、家族のために必要な“あなたの人生”を残しておくものです。
さらに、“命の大切さを見直す”ことができ、また同時に、“残された人生で、どのようなことをすべきか”を考えるきっかけとなるものです。
『エンディングノート』は、『これまでの人生を振り返り、整理することのできるもの』でしかありませんが、孤立死や突然死等も増加し、超高齢化社会の中においては、“生死に向き合うこと”も多くなっていきますので、エンディングノートについて、充分に理解を持っておくことが必要です。
我が国の超高齢化社会、核家族化問題など、家族関係の希薄化が叫ばれている中、
『エンディングノート』は、もう一度、家族との関係を深め、今後の人生を家族とどのように過ごしていくかなど、話し合うきっかけともなります。

エンディングノートの意義

①自分のこれまでの人生を振り返ることができる。
エンディングノートに記入する意義、第一は、「人生を振り返る」ことでしょう。
『生まれてから現在に至るまで、どんな人と出会い、どんなことを経験し、どんな暮らしをしてきたかを、改めて見つめ直す』ことが出来ます。

②亡くなった後の希望・要望を伝えることができる。
第二に、『希望・要望が伝えられる』ことでしょう。
年齢を重ねるにつれて、“葬儀はこうしたい!”“老後はこう過ごしたい!”などの希望・要望は、増えていくと思いますし、それをしっかりとご家族(ご遺族)に伝えておくことで、困らない状況を作ってあげることができるわけです。

③残りの人生のあり方を考える。
最後に、『残りの人生のあり方を考える』ことができます。
これは、自分のこれまでの人生を振り返って頂くとともに、エンディングノートの記入を通じて、“これからの人生をどうしたいか”、考えることができます。

エンディングノートは、もちろん、人生を振り返るきっかけにもなりますが、『自身の人生の終わりに向けて、これからどうしていきたいか』、『残された家族が困らないようにする為には、どんなことが必要か』等も考えていく機会にもなります。
エンディングノートを通じて、『人生の終わりに向けて、どうしていきたいか』を考えるきっかけとなり、“エンディングノートを記入する意義”となります。

エンディングノートのメリット

エンディングノートには、遺言書と違い、書き方や決まりがありません。
そのため、自由に、ご自身が思うままに、記入をすることができます。
また、その作成には、遺言書を作成する費用や公正証書遺言における公証役場への費用は発生しません。
自由に自己の“想い”を記入することができるという、「大きなメリット」があります。
それ以外にも、いくつかのメリットがあります。
たとえば、“築き上げた財産”を書き上げてみることで、そのとき、何があったかを思い出すこともあるでしょうし、家族へのメッセージを書くことで、自らと家族との関わりを再確認することができます。
また、自らの死後について、家族で話す機会も生まれます。
話しづらいテーマについて、コミュニケーションのツールにもなり、細かい貴重品、遺品を含め財産関係を、一度整理することもできます。
また、実際に相続が発生した際に、エンディングノートは相続人のための一定の指針にもなります。
エンディングノートが残っていることで、相続人のための遺産分割の方向性を示すこともできます。

エンディングノートプランナーとは・・・

【エンディングノートプランナー】は、『エンディングノートの活用の仕方を理解し、活用の仕方を高齢者の方々に広めること』ができ、さらには、高齢者の方々の“人生の終わり”に向け、『残りの人生をどう過ごしていくか、将来設計・ライフプランを一緒に考えること』ができる人材のことです。
エンディングノートの書き方については、葬儀社をはじめ、相続などが関係することから、行政書士さんや司法書士さん等が主催し、書き方の指導等も行われていることからもわかるように、今後の高齢化社会を鑑みても、『エンディングノートの活用』は、とても重要となっていくことは間違いありません。
また、エンディングノートを書き進めていく中、高齢者の皆さんは、『残されたご家族(ご遺族)への想い』と、『ご家族の為に今、自分ができることができることは何か?』と思われる方も多いのではないかと思います。
エンディングノートを書いたとき、“息子(娘)に家を残してあげたい”と思う方もいるかもしれません。また、“どのように生活していけば、家族にお金が残せるか”と思う方もいるかもしれません。
高齢者の方々には、エンディングノートを活用することで、これまでの人生を振り返り、今後の人生をどう過ごしていけば良いかを考えるきっかけとなり、【エンディングノートプランナー】は、それらの機会をより有益なものとして頂くための支えとなる存在です。

一人暮らしの方へのエンディングノート「おひとりさまエンディングノート」

現在、世の中には、数多くの「エンディングノート」が出版されています。
それだけ、自分の将来を見直すこと、将来の為の備えをすることに、注目が集まっていると言えます。現在、出版されている「エンディングノート」の多くは、幸せな方を想定した内容になっています。

そこで、想定されている人たちは、必ず家族がいて、男性であれば妻がいて、そして、子どもがいて、残すべきものを持っていて、ある程度、仕事でも成功した人。その人が書きやすいように出来上がっています。
しかし、一人暮らしで、ご家族も、子どももいない方でも、書くことが出来る「エンディングノート」も必要です。

2030年には、超高齢化社会が進み、50歳以上の男性だと、3人に1人は、未婚者になるという推計も内閣府より出ており、さらには、高齢者の2人に1人は、孤立死をする可能性があると、統計も出ています。
一人暮らしの方が、書きやすく、一人で生活する上での自分の想いや気持ちを、第三者に伝えることが出来る「おひとりさまエンディングノート」をエンディングノートプランナー養成協会で制作致しました。
一人暮らしの人生の最期の想いを伝えるための「おひとりさまエンディングノート」であり、一人暮らしの方を、サポートするエンディングノートでもあります。
さらに、エンディングノートプランナーが書き方のサポートも行い、一人暮らしの孤立をなくす活動にも繋がってきます。
社会問題として、大きくメディアや新聞などにも取り上げられている『孤立死問題』に、「おひとりさまエンディングノート」を活用して、一人暮らしの孤立を無くすことにより、孤立死がなくなると考えておりますし、行政が行わなければいけない社会問題に課題をぶつけ、行政と一丸になって、孤立死問題の解決への道標となるのが、「おひとりさまのエンディングノート」だと考えております。

エンディングノートプランナー養成講座申込みはこちら
トピックス
  • エンディングノートの購入
  • ブログ
  • セミナーのご案内
  • ボランティアの募集
  • 団体概要
  • /
  • /
  • /
  • /
  • /
  • /
  • /
  • /